製品

スマートファクトリー1.0

ピラーハウススマートファクトリー1.0を導入することで、すべてのピラーハウス部分はんだ付けシステムの動作をモニタリングすることができます。これは単独の生産ラインから生産施設、ワールドワイドなネットワークに至るまで可能です。

商品カテゴリー:

説明

インダストリー4.0(スマートファクトリー 1.0)とは製造技術において自動化とデータ交換を利用することで、サイバーフィジカルシステム(CPS)、モノのインターネット(IoT)、クラウドコンピューティングで構成されています。インダストリー4.0はいわゆる「スマートファクトリー」を作り出します。モジュール構造であるスマートファクトリー内では、CPSは物理的プロセスを監視し、物理的世界のバーチャルコピーを作成し、分散化した意思決定を行います。 IoT上ではCPSは相互に、またリアルタイムで人間とも交信し協働し合い、サービスのインターネット(IoS)を介して社内および組織をまたがったサービスが、バリューチェーンの中で提供され利用されます。

ピラーハウススマートファクトリー1.0を導入することで、すべてのピラーハウス部分はんだ付けシステムの動作をモニタリングすることができます。これは単独の生産ラインから生産施設、ワールドワイドなネットワークに至るまで可能です。

ピラーハウススマートファクトリー1.0はIPC標準規格2-17(データコネクテッドファクトリー)のアウトラインに準拠します。部分はんだ付けシステム内で、工程を記録するために一連のデータとイベントメッセージが使用されます。この範囲は、「システム初期化」から「メンテナンスモード内のシステム」「項目完了」レポートまで及びます。 これらのメッセージはJSON形式の標準を使用してパッケージ化され、MSMQ、MQTTまたはRESTメッセージプロトコルを使用してメッセージブローカーに送信されます。

スマートファクトリーアウトプットの利用

事前定義されたイベントが発生するか、情報データが出力可能な状態になると、メッセージブローカーにパッケージ化されて送信されます。メッセージブローカーはメッセージを受信し処理します。この処理は、メッセージの単純な応答からメッセージの各フィールドの復号まで及び、またデータをデータベースに保存することができます。このデータはピラーハウスの機器や生産ラインのレポートまたはステータスを作成するために使用できます。エンドユーザによっては、メンテナンス要件の通知やライン保守チームへのエラー、生産管理チームへの生産ライン利用報告書など、報告方法が異なる場合があります。

データがデータベースに保管されているので、複数の方法での処理が可能であり、生産された製品と部分はんだ付けシステムの完全なトレーサビリティを可能にします。

Smart Factory Options

ピラーハウスは、お客様の施設にスマートファクトリーソリューションを組み入れるさまざまな方法を提供しています。

メッセージのみのアウトプット

お客様の会社/施設で既にスマートファクトリーを導入されている場合、またはマルチベンダーソリューションをお考えの場合、ピラーハウスの機器は事前定義されたプロトコルを使用して、すべてのメッセージを中央メッセージブローカーに送信するように設定できます。

ピラーハウスブローカー

ピラーハウスはメッセージブローカー/ レポートパッケージ一式を提供しています。メッセージブローカーソフトウェアパッケージ用に設定されたサーバーPCとWebサイトで構成されています。ブローカーはすべての着信メッセージを受信・保存し、ウェブサイトは接続された各ピラーハウスシステムの基本的なマシンレポートを提供します。

ピラーハウスがホストするクラウドベースのブローカー

こちらのオプションはピラーハウスブローカーと類似しておりますが、すべてのデータを保存し、Webベースのレポートを作成するために、ピラーハウスクラウドストレージが使用されています。クラウドオプションが選択されると、お客様にはセキュリティ保持のためにそれぞれポータルが提供されます。

より良い商品の紹介 …