Pillarhouse UKについて

About Pillarhouse

1978年に現在の会長であるAlex Ciniglio氏によって設立されたピラーハウス社は、コイル巻き線機とその関連装置の為の専門的な機器の開発と設計製造を世界に先駆けて行ってきました。

ピラーハウス社の最初のはんだ付け装置は1984年に生産が開始され、1980年代に継続的拡大をし、この技術を使用した部分はんだ付け装置の開発を1994年から行いました。

革命的で最先端の開発に力を注ぎ、高い技術基準を持った装置を生産することを企業理念としています。これを実践することで数件の重要な特許を取得し、長年にわたる成功を導き出す重要な要素となっています。

ピラーハウス社は設計と製造をイギリス本社で行っています。営業とサービス、サブアッシー製造は中国支社にあります。営業とサービスサポートは米国支社で行っています。

世界50か国以上に営業とサービス拠点があります。

テクノロジー

ピラーハウス社は部分はんだ付け産業の牽引役として、刻々と変化する市場のニーズを反映した先駆的な技術の継続的開発に専念しています。

エレクトロニクス製造に関わる複雑な世界的需要に対応するため、幅広いオプションを用意しています。ピラーハウス社は技術実績とソフト開発、将来的志向を兼ね備えた経済的で信頼できる部分はんだ付け装置を提供します。

デザイン哲学

1台の装置がすべての市場部門の厳しい生産要求を満たすことが出来ないということが、ピラーハウス社の設計理念のポイントです。手載せ式のバッチ式装置でも、完全な自動装置生産ラインであっても、製造工程の妥協をすることは出来ません。ピラーハウス社の全ての装置には標準機能で各機能のモニタと制御をすることが出来るため、製造工程に作用します。また全ての装置に生産ライフサイクル全期間を通じて、アップグレードオプションや拡張機能を持たせられるようにすることが私共の方針です。